むちうち

このようなお悩みはありませんか?

交通事故

  • 交通事故によって首に痛みが出ている
  • 首を動かす事ができない
  • 腕や指先に痺れるような感覚がある
  • 頭痛、吐き気がある
  • 首以外に肩や背中まで痛む事がある

交通事故

むちうちとは?

むちうちとは?

むちうちとは主に自動車の追突、衝突、急停車によって「首が鞭を打つように」しなった為に引き起こされる症状を総称したものになります。

これは正式な傷病名ではなく、【頸椎捻挫】【頸部挫傷】【外傷性頸部症候群】などと呼ばれており、病院等で診断された際はこのような名前になります。

どんな症状があるの?

  • 動かした際の痛みや可動域制限
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 目眩
  • 肩や背中の痛み
  • 全身のダルさ、疲労感

むちうちが全て同じとは限りません

むちうちはあくまで「総称」であるので各状況は患者様ごとに変わってきます。

【頸椎捻挫型】

頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷で最も多くみられ、 むちうち症全体の70~80%を占めているとされています。首の後ろや肩の痛みは、首を伸ばすと強くなります。
また、首や肩の動きが制限されることもあります。

【神経根症状型】

頚椎に歪みが生じると、神経が圧迫されて症状がでます。
首の痛みのほか、腕の痛みやしびれだるさ後頭部の痛み顔面痛などが現れます。
これらの症状は、咳やくしゃみをしたり、首を横に曲げたり、回したり、首や肩を一定方向に引っ張ったりしたときに強まります。ヘルニアなどが含まれます。

【バレ・リュウー症状型】

後部交感神経症候群とも言います。
頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、 頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れ、血流低下には胸鎖乳突筋の緊張も関与しています。

【脊髄症状型】

頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢のしびれ知覚異常が起こり、歩行障害が現れるようになります。
また、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなる事もあります。

【脳脊髄液減少症】

一時的に髄液圧が急上昇しその圧が下方に伝わって頸椎の神経根にもっとも強い圧がかかりクモ膜が裂けると考えられています。
脳脊髄液減少症の症状はきわめて多彩で、いわゆる不定愁訴がそれに相当します。
初期には頭痛が特徴的です。
また、これらの症状にはある特徴がみられ、天候に左右されることです。
ことに気圧の変化に応じて症状が変化したりします。

 

i-care整骨院ではどのようなアプローチをするのか

まずはしっかりとカウンセリングします

i-care整骨院ではまずどのような症状であっても【カウンセリング】を一番大事に考えています。

むちうちの場合、患者様によって症状が特に違うので最初のカウンセリングでの判断を間違えると症状がよくなっていく事のに時間がかかりますので細かくお話を伺い、状態を検査させていただきます。

ただ筋肉をほぐすような事はありません

交通事故後の施術むちうちを含め、首はとてもデリケートな部分になるのでただ単に筋肉をほぐす(マッサージ)するような事はありません。

どれだけ首などの身体に対して負担をかけずにアプローチができるかが大事になります。

頸椎(背骨の首の部分)に対して優しく、緩やかな刺激を入れていき、周りの筋肉の緊張を取り除き、血流をよくするような事をしていきます。

肩への施術首の支えとなるのに「肩甲骨」も大事になる為、肩甲骨の可動性を高める事も合わせて行います。

その他にもi-careグループには背骨や骨盤を優しく刺激する運動療法ベッドがあり、神経の伝達をよくしていくのに効果のあるものも用意してあります。

 

交通事故対応はお任せください

事故

交通事故の施術は当院で受け持ちます

交通事故による施術は病院や整形外科でしか受ける事ができないと認識されている方が多くいらっしゃいますが【整骨院】で受ける事ができます。

i-careグループでは交通事故専門士も在籍しており、保険会社様とのやりとりなどもご一緒に対応させていただいています。

「交通事故でも仕事は休めないし、病院等は受付時間の終了が早く、仕事の後では間に合わないからどうしたらいい・・・?」

このような相談を受けますが当院では交通事故患者様のみ平日21時までの受付をしているで仕事後でも安心して通う事ができます。

基本的に自己負担額がかかる事なく施術を受けれるのと慰謝料なども通院をしないと正規の金額は発生されません。

しかし、こう言った内容は保険会社様とお話される患者様は基本いませんので事故の施術以外の部分でもi-care整骨院 南行徳院ではサポートさせていただいていますので交通事故でお困りの方はまずはご相談ください。