TEL ネット予約はこちら LINE

スポーツ障害第一弾 | 南行徳で口コミ多数の人気の整骨院

i-care整骨院 南行徳院
TEL:047-307-9352
お問い合わせはこちら
ネット予約はこちら
LINE予約はこちら

Blog記事一覧 > 2019 9月の記事一覧

スポーツ障害第一弾

2019.09.18 | Category: スポーツ障害

こんにちは!

i-care整骨院の海老原です!

 

 

 

ここ最近学生の怪我が増加しています。

3年生が引退して1、2年生主体になってきて新人戦などの大会が始まってくる季節になってきました。

大会が近いことで練習も忙しくなり、またそこでケアを怠ることにより負担をかけてしまい痛めてしまいます。

自分も学生時代にたくさんの怪我をしてきました。

足の疲労骨折や肉離れ、腰など様々な怪我をしました。

そして周りが練習している中、自分だけができず辛い思いもしました。

僕と同じように怪我で悩んで少しでも減ってくれる事を願ってこのブログを書かせていただきます!

 

 

もともとスポーツ障害とは何かというと、成長期でまだ骨や関節が成人と違ってまだ発達しきっていない状態で、オーバーユース(使いすぎ)が原因により骨や関節、そこに付着する筋肉にダメージが加わり痛みにつながってしまいます。

また筋肉の硬さによりうまく筋肉の収縮が起きず、筋肉が切れてしまう肉離れなども起こってしまっています。

そういった怪我をしてしまった時に何をしなくてはいけないかというと、【rice】ライス処置が大切になっていきます!

決してお米のライスを使うわけではありません。笑

英語の頭文字をとってriceになります!

rest 安静 icing 冷却 compression 圧迫固定 elevation 挙上 の4つが大事になっていきます!

まず怪我をしたら安静にしてそれ以上の損傷を防ぎます!

次に炎症を起こしている場所に対して、アイシングをおこない、周りの組織代謝を下げて出血を抑えます。

アイシングは15分程度行います。※保冷剤でやってしまうと凍傷になってしまう可能性があるので、必ず氷で行いましょう。

次に圧迫固定を加えることにより患部の止血と腫れを抑えます。

最後に損傷部位を自分の心臓の位置より少し高くすることにより患部の血流を抑えます。

この処置を怪我をしてからどれだけ早く行うかがその後の予後に関わっていくのでなるべく早く行いましょう!

 

 

またその後のリハビリをしっかりおこなう事で再発防止になります!

市川市南行徳で繰り返しの怪我やお悩みなどございましたらお気軽にご相談ください!

腰の不調にお悩みの方に!

2019.09.10 | Category: 腰の痛み

こんにちは!

i-care整骨院の海老原です!

秋と言えば、スポーツの秋です!

私自身も最近運動のためにゴルフを始めました!

まだまだまっすぐ飛ばないですが猛練習中です笑

今度写真も載せられればと思います!

 

 

 

 

今週のブログは腰の不調です

今多くの方が悩んでいる不調の中の一つになります。

またスポーツや日常生活を送る上で最も辛い障害になっていきます。

腰は捻る動きに弱いと言われています。

例えば、ゴルフや野球やサッカーなど体幹を捻る事が多いスポーツはたくさんあります。

また捻るといっても野球のピッチングやスイング、ゴルフのスイング、サッカーのシュートなど利き手や利き足、右打ちや左打ちなど同じ方向だけに捻ってしまうと身体にストレスがかかってしまい、痛めてしまいます。

 

 

また腰の不調の原因は股関節にあることが多々あります。

なぜ股関節かというと、股関節の役割が歩いたり走ったりする時の衝撃するクッションの役目をしています。

また股関節は下肢と体幹を繋ぎ止めているところでもあるのでスポーツのパフォーマンスにも重要な関わりがあります。

最も重要な役割は身体のバランスに関与していることです。

 

股関節の柔軟性が損なわれてしまうと歩く度に足からくる衝撃を吸収しきれずにその衝撃が腰に直接負担をかけてしまいます。

また身体のバランスが悪くなってしまい、骨盤の歪みから筋肉のバランスの悪さ、左右差が生まれてしまい、そこから腰の不調に繋がってしまいます。

 

今現在股関節の柔軟性がなくなっている人がたくさんいらっしゃいます。

そのためのストレッチが重要な役割をはたします!

殿部のストレッチと腸腰筋のストレッチが大切になっていきます!

 

殿部のストレッチ

上向きで膝を曲げて状態で寝ます。

その後片足首をもう片方の膝に引っ掛けます。

そのまま足を体幹に近ずけ両手で組んでいない方の膝下を持ちます!(身体が硬い人は太ももの裏を持ちましょう。)

そうすることで殿部の筋肉が伸ばされます。

その動作を30秒を2セット行います!

            

 

 

腸腰筋ストレッチ

腸腰筋とは、大腰筋と腸骨筋の二つの筋肉を合わせて腸腰筋と言います!

腸腰筋は腰の腰椎の肋骨突起と呼ばれる所から股関節の付け根の小転子と呼ばれる所に付着します。

この筋肉の硬さが出てしまうと反り腰と言い、腰を前に反らしてしまい負担をかけてしまいます。

また股関節にも付着してくるので、股関節の障害にも繋がります。

腸腰筋のストレッチはまず膝下くらいの台やベットを用意します。

その台やベットに背を向けて片足の項をのせます。

その後歩幅を広げるように台にのせてない足を広げます。

その後に少し膝を曲げて、重心を下げることにより腸腰筋を伸ばす事が出来ます!

同じように30秒を2セット行なっていきます

 

 

このようにして身体のケアを行なっていきます!

市川市、または南行徳で腰の不調にお困りの方がいましたら気軽にご相談ください!

心よりお待ちしております!