TEL ネット予約はこちら LINE

手の腱鞘炎にお悩みの方に!! | 南行徳で口コミ多数の人気の整骨院

i-care整骨院 南行徳院
TEL:047-307-9352
お問い合わせはこちら
ネット予約はこちら
LINE予約はこちら

Blog記事一覧 > 2019 4月の記事一覧

手の腱鞘炎にお悩みの方に!!

2019.04.07 | Category: 未分類

こんにちは!!

i-care整骨院の海老原です!

私ごとですが最近ダイエットを始めました!笑

目標は3ヶ月で−10㎏が目標です(^^)

ダイエットの様子はブログ内でも報告していきますのでよろしくお願いします٩( ‘ω’ )و

 

今回は手の腱鞘炎についてお話ししていきます。

その中でも特に多いドケルバン病に着目していきます!

ドケルバンの総称は手関節狭窄性腱鞘炎といいます。

関係している筋肉は短母指伸筋と長母指外転筋という筋肉が関与しています。

その二つの筋肉を抑えている腱鞘(鞘ようなもの)と筋肉の腱が擦れて摩擦により炎症を起こし、筋肉や腱鞘が肥厚し筋肉との通過障害を起こし、痛みを起こします。

このような不調は妊娠初期と出産後の女性と50代の女性や手を使う作業が多い方に多いと言われています。

女性の場合ホルモンが関係しています。

女性ホルモンには筋肉を柔らかくする作用あると言われているので、妊娠初期と出産初期と50代女性はホルモンバランスが崩れやすいこともあり、筋肉の硬さが出やすく痛みが出やすいと言われています。

 

そのような不調の疑いがある方に簡単なテスト頬があります。

フィンケルシュタインテスト(アイヒホッフテスト)

親指を中に入れて手を握り手首を下にひねりを入れた時痛みが出たら陽性初見になります。

このような不調が出た段階で施術をしていかないと痛みが長く続いてしまうとなかなか不調が取れなかくなってしまいます。

また痛みを抑えるためには日々のケアが大事になっていきます。

腕回りの筋肉の硬さが原因でもあるので緩めることが重要になります。

テニスボールやゴルフボールを使ってケアをしていきます。

テーブルの上にゴルフボールを置き、前腕をその上に置き少し圧をかけながら転がしていきます。

この時に強くやり過ぎてしまい、痛みを伴い過ぎるのはより筋肉を痛めてしまう原因なるのでほど良い圧加減が必要になっていきます。

なかなかこの不調が良くならない、早く改善したいという方はぜひご相談ください!

皆様のお悩みや不調に対して最良の施術を提供していきます。

何かありましたらお気軽にご相談くださいm(_ _)m