TEL ネット予約はこちら LINE

ぎっくり腰になったら… | 南行徳で口コミ多数の人気の整骨院

i-care整骨院 南行徳院
TEL:047-307-9352
お問い合わせはこちら
ネット予約はこちら
LINE予約はこちら

Blog記事一覧 > 2019 3月の記事一覧

ぎっくり腰になったら…

2019.03.27 | Category: 未分類

皆さんこんにちは!

i-care整骨院 南行徳院の石井です( ゚Д゚)

今日は季節の変わり目の今の時期に多発し、急にやってくるぎっくり腰についてです!

ぎっくり腰とは

皆さんよく耳にすると思いますが、正式名称は「急性腰痛症」といい、漢字の通り急に腰が痛くなったことを言います。

腰回りやお尻周りの筋肉の硬さや骨の歪みなどの負担がかかっている状態に何かしらのきっかけにより起こることが多く、きっかけは様々ありますが、重い荷物を持ったり、朝起きた時突然に、またくしゃみなどでも起こってしまいます。

 

このような動作をすることによって腰回りの筋肉や筋膜骨と骨を繋ぐ靱帯に傷がついていたりすることによって炎症が起き、ズキズキとした痛みや動作時痛、力の抜けた感覚、痛めた場所によってはしびれの症状も併発してしまいます。

 

基本的には、切り傷などと同じで放っておいても数日から数週間で最初のような激しい痛みなどは落ち着きます。

 

ただ、傷がくっついてもかさぶたのような状態で元通りになっているわけではありません

 

動かない状態が続き血液の流れが悪いため筋肉の硬さが取りきれず、鈍い痛み重だるさ張り感などが取り切っれないことが多くあります。

そしてぎっくり腰になってしまった元の原因の筋肉の硬さや負担を取り除かない限り再発してしまう可能性があるのです。

 

 

なんで再発するの?

 

ぎっくり腰は癖になる

 

耳にしたことがあると思います。これは事実です。

当院のぎっくり腰での来院者様でも大体の方が昔にぎっくり腰をしたことがある方です。

ではそれはなぜか?

 

それは、

 

痛みをとるのがぎっくり腰のゴールではないからです。

 

痛みをとるのは重要です。ただ、痛みをとっただけでは硬さや歪みは取れません。

その取りきれていない硬さや歪みによって筋バランスや骨格バランスが崩れ、また衰えた筋力が戻らずにぎっくり腰へ

 

というのが再発する方のルートです。

 

それを変えていくのには痛みを抑えるだけでなく、しっかり筋肉の硬さを取りきったり骨格を正しい位置に戻してあげたりして安定を図る必要があります。

どう施術するのか

まず最初は痛みを和らげることに重点を置きます。

「やばい、やっちゃった」と思ったら、まずは施術を受けることを第一優先に。

やったその時はそこまでではなくても放っておいたために痛みが強くなった。ということが多々あります。

治療院に行くまでの間はぎっくり腰は炎症が起こっているためRICE処置を行います。

 

R:rest【安静】

I:ice【冷却】

C:compresshion【圧迫】

E:elevation【挙上】

 

を、行うことにより炎症症状が治まりやすくなります。

ということで、まずぎっくり腰になやったら安静、アイシング、圧迫(コルセットなどによる)を行いましょう。腰の挙上は少し難しいのでそれ以外をしっかり行います。

 

そして当院での施術は大きく分けて【痛みに特化する施術】【根本改善する施術】の2つにわけることができます。

まず、当院のオリジナルのi-care式関節調整、筋膜施術、トリガーポイント施術、背骨骨盤矯正を行い最初の辛い、痛いという感覚を取り除くことに専念します。

 

 

その後、ある程度痛みや辛さが落ち着いてきたら痛みに対してだけではなく痛みを引き起こしている原因が身体のどこにあるのかを探し、原因からアプローチをかけます。

 

そして、ぎっくり腰を起こす人は腹筋の筋力不足から腰に負担がかかり痛みが出てきてしまうことが多いです。

 

その為腹筋の筋トレをする必要があるので、より効率的に腹筋をトレーニングするEMSという機械で特にインナーマッスルを鍛え、腰痛を予防していきます。(EMSについては今後詳しくお話します)

 

このように痛みをとるだけでなく、原因まで突き止めて施術していくことによってたとえ再発したとしても以前ほどの辛さはなく早期回復が望めますので、しっかりとした根本施術をお勧めいたします。

 

まとめとして

・ぎっくり腰になったらまずRICE処置!

・なるべく早く治療院の施術を受ける!

・痛みをとるだけではなく、骨格のバランスや筋トレ、原因へのアプローチをしっかりと!

 

腰にもともと不安感などある方はあらかじめコルセットを持っておくのもいいかもしれません。

 

このコルセットは当院で取り扱っているものですが、細いのに固定力もあってオススメです。

コルセットをつけるときのポイントはこの骨盤の出っ張っている骨をしっかりと通ってコルセットを締めることで固定力が数段アップします!

 

もし、ぎっくり腰にはなってしまった、なってはいないけど腰に不安な感覚がある。ずっと座ってると痛みが出てくる。など少しでも不調がありましたらお気軽にご連絡くださいね!

 

 

 

 

 

首の痛みや肩の不調に悩んでいませんか?

2019.03.18 | Category: 首の痛み

こんにちは!i-care整骨院 南行徳院の海老原です!

 

 

今回は首の痛みとに関してです。

日本人に多い悩みで厚生労働省の国民健康基礎調査の有訴者率(本人の自覚している感覚)で腰が第一位、肩が不調が第二位ととても多い悩みの一つです。

特に肩に関しては外国の方にはあまりなく、日本人にとても多く国民病の一つとも言われています。

日本人の生活様式から多いと言われていますがなぜかはよく分かっていません。

肩のコリといっても肩だけに問題があるわけではなく、首の張りも併発している方がほとんどです。

首の痛みと肩のこりに関して詳しく見ていきます。

 

首肩周りの筋肉

 

肩周りの筋肉は首と繋がっている事もあり、首の動きを制限してしまいます。

また大体の方がデスクワークで姿勢が前かがみになり、首も自然と前にいき頭の重さを支えるために首回りや肩周りの筋肉の張りが出やすく、腕も前に巻き込みやすく背中の広背筋という筋肉は腰から腕にまでつく筋肉なので引っ張られて硬さが出やすくなります。

またコリの原因はデスクワーク作業やスマホなど肩に力が入ってしまい、過度に筋肉への緊張が続く事で筋肉が縮こまった状態で固まってしまっている状態です。

また筋肉の間に血管が通っているため、血管も圧迫されやすくなり、より硬さが出やすくなりそこから身体の悪循環が生まれてしまいます

 

その硬さやコリなどにプラスして日常生活での動作などで引き伸ばされて痛めてしまうことや、その負担が首に直接負担をかけてしまい、頚椎の関節や靭帯を痛めてしまいます。

 

こういった感覚を無くしていくためには、背骨の柔軟性と肩甲骨の動きや胸筋周りの柔らかさが大切になっていきます。

 

 

背骨の柔軟性をつけていく運動はストレッチポール(ハーフポール)が最適と言われています!

ストレッチポールの体操として2つご紹介します。

 

 

1つ目はストレッチポールの上に乗り膝を立てて一分間乗るだけ!

この時に体幹と腕の角度が45度なるようにします。

こうすることにより胸郭(胸回り)を自重によりストレッチします。また肩が巻き込んでしまっている人に対して肩の位置の矯正する役割があります。

 

 

 

 

二つ目にストレッチポールに乗った状態で手で前倣えをします。

その状態から指先をまっすぐ突き出すように前に伸ばします。

突き出した後に力を抜くように元の位置に戻します。

こうすることにより肩甲骨の動きを使って腕を動かすことになり、肩甲骨の動きの柔軟性を作っていきます!

ここで注意することは力を抜くようにして元の位置に戻す際に、肘が曲がらないように注意してください。

肘が曲がってしまうと肩甲骨の動きを使わないので意味がなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩甲骨の動き

肩甲骨の動きの体操

まず両手を鎖骨に当てます。

その状態から腕を内回しに回します。

回している時の肩甲骨を内側に寄せます。

※内に寄せるための筋肉が硬くなってしまっているので動かしてあげる事で筋肉自体の動きをつけてあげると共に血行を整えます。

これを10回回すのを2セットおこないます。

 

 

このような運動やストレッチを行うことにより、背骨周りの硬さがよくなり、首肩周りが整いやすくなります。

ただ1回や2回など数回でよくなることではないので継続することが大切になります!

わからないことがありましたら、当院までお問い合わせ頂ければと思います!

また痛みにお悩みの方がいましたら、ご相談も受け付けているのでご相談いただければと思います!

 

交通事故治療!

2019.03.11 | Category: 交通事故治療

皆さんこんにちは!

i-care整骨院 南行徳院の石井です( ;∀;)

皆さんは交通事故にあったことはありますか?

被害者、加害者問わず交通事故に遭うとすさまじい衝撃が身体を襲い、様々な不調を引き起こしてしまいます。

交通事故などで【むちうち】という言葉をよく耳にすると思います。まずむちうちとは何なのか。今日はむちうちなどの交通事故を起こしてしまった際に起こしやすいお身体の不調についてお話させていただければと思います!

むちうちとは?

 

 

車などがぶつかった衝撃によって頭が振られ首に対して負荷がかかることで不調が出てきてしまいます。

むちうちもいくつかの症状に分けられ、首に痛みが出る。全身の倦怠感。痺れる。不調の度合いが重いと排便排尿の支障出たり、視覚聴覚味覚や高次脳機能障害がおこることもあります。

そして厄介なのはこのような不調は事故を起こしてすぐには出ずに長いと数週間後に現れることもあるので要注意です。

 

 

そしてこのむちうちは大きく分けて5種類に分けられます!

①頸椎捻挫型

むちうちされた方の大体の方はこの頸椎捻挫型に分類されます。

首を支えたり動かしたりする筋肉、靱帯などが事故の衝撃によって痛めてしまい炎症などを起こしてしまいます。筋肉が過度な緊張によって動かしたり同姿勢でいると首や肩、背中に痛みや張り感などを訴え可動域が狭くなってしまいます。

 

 

②神経根型

むちうちをした際に脊髄から左右に伸びている脊髄神経を引き延ばしてしまったり、筋肉などにより圧迫を受けてしまい首や腕、肩に痺れや痛みなどの不調を引き起こしてしまいます。

 

 

③バレ・リュー型

事故による衝撃で自律神経も引き延ばされたり傷つけてしまうことで自律神経が乱れ、めまいや吐き気、頭がズキズキしたり、耳鳴りやだるさなどが出てきてしまいます。人によっては眠れなくなってしまう人もいらっしゃいます。

 

 

④混合型

上記の②③を合わせた状態です。

 

 

⑤脊髄型

交通事故によって脊髄の負傷起こしてしまい、身体に麻痺が現れ下肢などにも症状が出てきてしまい歩行障害なども起こります。むちうちの中では最も重篤とされ、完全に不調を無くすことは難しいといわれています。

 

施術法

接骨院では交通事故に対して自賠責保険での施術が可能です。

 

 

ただ、湿布や電気だけで対処していくのは難しい所があります。

 

 

交通事故の施術でまず大事なことはほかのどの不調にでも言えますが、早急に適切な対処をしてあげることが大事になってきます。

 

当院では来院者様の事故の状況やどれくらいの衝撃だったのかなどを聞いた上、ダイレクトストレッチ関節矯正関節調整筋膜リリース経絡トリガーポイント施術電気施術アイシング温熱など多種多様な施術内容で施していきます!

 

※交通事故での施術は基本的には窓口金はかかりません。

 

 

現在、健康保険を使いながらご通院いただいている来院者様が「数年前に交通事故にあって以来首の痛みが取れず気圧が低くなると頭がズキズキしたりや耳鳴りなどが起きて辛い」とおっしゃっていました。軽い接触事故でその時は無症状だったので施術をしなかったそうです。

 

このように早急に対応をしないがために半永久的に不調で悩まされてしまうこともあるので適切な処置は受けましょう。

 

もし交通事故にあったら

当然交通事故は遭わないに越したことはないです。

ですが備えあれば憂いなしです。交通事故に備え準備をしておきましょう。

 

事故にあってしまったら、まず一番最初にやるべきことは

①自分や家族、相手の安否の確認。

まず安否が最優先です。もしケガ人がいれば救護をして救急車を呼ぶ可能性も視野に入れておきましょう。

②車体が動くのであれば安全な場所へ車を移動。

 

③警察に連絡。

相手がいくら示談にしようといってきてもその場での示談は避けましょう。もしその後何かあったときに損をするのは被害者側になります。どんなに小さな事故でも警察は呼びましょう。

 

④警察が来るまでの間は加害者側の身分証の確認と事故現場や車を写真に撮っておく。

免許証や自賠責保険や任意保険に入っているか確認を取り写真を撮りましょう。連絡先の交換も忘れずに。

 

 

 

とはいっても実際にその場に立ってみると特に事故にあった瞬間は事故のすさまじい衝撃で焦ってしまいパニックになってしまいます。

ですがそういう時こと一回深呼吸をし、頭の中を整理してみてください。あ、そういえばブログで見たな!という感じで思い出してもらえればと思います!

 

交通事故により施術は当院でお受けできますのでご自身やご家族、お知り合いでお困りの方がいらっしゃった際は一人で悩まずお気軽にご相談ください。

 

 

野球肘は何故なるの?

2019.03.03 | Category: スポーツ障害

こんにちは!

i-care整骨院 南行徳院の海老原です!

ここ最近だんだん暖かくなってきて嬉しい思いもありますが、自分が重度の花粉症で日々目の痒み、鼻の症状に悩まされています(>_<)

どなたか良い方法が有りましたら、教えてください笑

 

 

今回のブログの内容は野球肘です!

まず野球肘とは?

 

肘を野球で痛めた事を野球肘と言います(笑)

 

え!?ってなるかと思いますが、テニス肘やゴルフ肘も同様にスポーツをしていて肘を痛めてしまったものを指します。

野球の場合ですと、投げ過ぎや筋肉の硬さなど何らかの原因で肘関節にストレスがかかってしまい痛めてしまいます。

 

では野球肘について詳しく見ていきます。

野球肘には3パターンの痛みの場所があります

内側型

後方型

外側型

内側型は筋肉や靭帯が投げる際に前腕骨が上腕骨に対して外反ストレスがかかり引っ張られてしまう事により痛めてしまうよく見られる代表的な野球肘の原因です。

後方型は投げてフォロースルーで肘が伸びきった際に、関節をなしている上腕骨と尺骨がぶつかり合い、関節に炎症を起こしたり疲労骨折になりうります。

 

外側型は一番重症度が高いと言われています。

ボールを投げる際に、外反ストレスがかかり内側は引っ張る力、外側には外に向かう力が働くため、骨と骨が衝突し合います。

最初は炎症だけで済みますが、だんだんと炎症がひどくなると骨がだんだんと剥がれてしまう離断性骨軟骨炎というものを起こし、完全に一部分の骨が剥がれてしまいます。

そうすると、その剥がれた骨が関節に挟まり関節の動きを固めてしまうロッキング現象という状態を起こしてしまい、日常生活にも支障が出てしまいます。

この離断性骨軟骨炎を起こしてしまうと小学生、中学生でも手術をしなくてはいけなくなってしまいます。

 

これを事前に防ぐためには肩周りの柔軟性も必要なっていきますが、今回は前腕の筋肉に対してセルフケアを一つお伝えしたいと思います。

テニスボールまたはゴルフボールを使っていきます。

まずゴルフボールをテーブルの上に置き、その上に前腕を置き圧を加えながら前後左右に動かすのを30秒繰り返します。

それを裏表を各2セットおこないます。

 

 

注意しなくてはいけないのが圧の強さです。

良かれと思い強くやってしまうと筋肉を逆に刺激しすぎてしまい、張りが強くなってしまったり、筋肉の損傷に繋がってしまいます。痛みの感じ方としていた気持ちいい強さでやることが大切になっていきます。

ぜひ試してみてください!

今後は肩のストレッチなどについてもやっていきたいと思いますのお楽しみ!

肘の痛みなどにお困りの方はぜひ当院おまかせください!