TEL ネット予約はこちら LINE

首から頭にかけての不調や重だるさにお悩みの方へ | 南行徳で口コミ多数の人気の整骨院

i-care整骨院 南行徳院
TEL:047-307-9352
お問い合わせはこちら
ネット予約はこちら
LINE予約はこちら

Blog記事一覧 > 未分類,首の痛み > 首から頭にかけての不調や重だるさにお悩みの方へ

首から頭にかけての不調や重だるさにお悩みの方へ

2019.08.02 | Category: 未分類,首の痛み

こんにちは!

i-care整骨院南行徳院の海老原です!

8月に入り暑さが急に厳しくなってきて熱中症などに注意が必要になっていきます?

水分補給塩分摂取をしっかり摂りましょう!

 

 

 

今回のブログは首から頭にかけての不調についてです!

最近暑さのせいで冷房に当たり過ぎてしまっている方が多くなってきています。

どうしても夏場は薄着で首周りを露出しがちなのでそういった所から冷房の冷えが入っていき首周りの筋肉の硬さに繋がります。

皮膚血管は外気が冷えていると逆に身体の熱を逃がさないために皮膚などの浅い動脈を収縮させて深部の血管だけに集中させて皮膚や浅い筋肉に血液が行きにくくなり硬さが出やすくなり、そこから不調に繋がっていきます。

またなぜそこから頭の重だるさなど不調が出やすいかというと、そこには大後頭神経小後頭神経というものが関わっていきます。

 

大後頭神経、小後頭神経とは?

首の骨(頚椎)の上から2番目、3番目から出ている神経で頭の後頭部や側頭部、頭頂部と頭皮に分布している神経になります。

この神経は感覚に作用している神経なので何かしらの問題が生じると重だるさや違和感に繋がっていきます。

 

 

なぜ首の硬さでこの神経が問題が生じてしますのかというと筋肉の隙間を通って頭皮まで行くので、首の筋肉の硬さが出てしまうとそこの隙間が狭くなってしまい、神経を押さえつけてしまい神経の流れが悪くなり重だるさの様な感覚が出てしまうと言われています。

そういった感覚を無くすためにはまず温めることが大事になっていきます!

どうしても夏で暑いからとシャワーだけで済ましてしまう方が多くなっていますのでまずは湯船に入ることを心がけましょう。

 

温めた後は動かすことを意識します。

例え温まったとしても、その後動かしてあげないと必ず元に戻ってしまいます。

温めて血液の循環を良くしてプラスでストレッチなどで動かしてあげることでより筋肉の隅々まで血液や栄養が行き渡り、緩みやすくまります!

ストレッチ

 

タオルを持ち上にあげ、そのタオルを首に引き寄せる様に腕を引きます。

この時に肘を曲げるのを意識するのではなく、肩甲骨を寄せるイメージで動かします。

首周りの筋肉も肩甲骨に付着しているのと姿勢が悪くなりやすいのも肩甲骨の動きが関わってくるので肩甲骨の動きを意識して行いましょう!

これを10回を2セット行います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはこういったことから初めて夏の不調を乗り切りましょう!

これでもなかなか不調が続いてしまう方はお気軽にご相談ください!