TEL ネット予約はこちら LINE

これってもしかしてオスグッド?? | 南行徳で口コミ多数の人気の整骨院

i-care整骨院 南行徳院
TEL:047-307-9352
お問い合わせはこちら
ネット予約はこちら
LINE予約はこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害,膝の痛み > これってもしかしてオスグッド??

これってもしかしてオスグッド??

2019.02.20 | Category: スポーツ障害,膝の痛み

皆さんこんにちは!( *´艸`)

i-care整骨院 南行徳院の石井です( ゚Д゚)

今回もブログの方をご覧になっていただいて誠にありがとうございます!

さて、今回ご紹介するのはスポーツをする人なら一度は聞いたことがあるであろう【オスグッド】についてご紹介していきたいと思います(^_-)-☆

オスグッドとは?

正式名称は【オスグッド・シュラッター病】といいます。

 

スポーツをしている小、中学生に多くみられ、男女比はやや男子の方が多くみられる成長期に出てくる骨端症で、骨の成長に筋肉、筋膜がついていけずスネにある脛骨粗面という場所につく筋肉などを引っ張り骨の部分を剥がしてしまい、その部分に炎症を起こしてしまう症状です。

 

サッカーやバスケ、野球、バレーボール、陸上などの脚を使う競技をしている人に多く、みなさん共通しているのが身体が硬い。というところです。

身体が硬く特にモモの前と後ろの筋肉が硬いと成長による伸び以上に膝に負担がかかり痛みが出やすくなってしまいます。

 

 

治るの?

僕が以前勤務していた船橋市の塚田にある本院ではよくオスグッドの患者様が来られていました。その際に本人や親御さんが「ほかの接骨院や整形外科に行ったら運動を中止すればよくなるといわれたけど良くならないから来ました」とおっしゃいます。

 

 

ではオスグッドは休めば治るのか。

 

 

この症状は成長期が終わるまで痛みがおさまる時期はありますが、骨の変形は治りません。成長して骨が伸びれば当然筋肉も伸ばされ付着部が引っ張られて炎症が起きます。

この骨の変形を治していくには出っ張っている骨を削る手術しかありません。

 

ただオスグッドは将来的に膝が少し出っ張ったり症状が強い人はぶつけたときに痛みが出る程度で大きな後遺症が残りません

したがって多少無理をしても大丈夫な症状なのです。

お子さん本人や親御さんに聞くと「治らなくても、痛みが無く運動できれば」という方がほとんどです。

 

なので当院では【運動をしながら】痛みをとっていきます。

 

もちろん例外はあります。何もしなくても痛い、歩いているだけで痛い、治療を続けているが痛みが悪化している場合数日から2週間くらい安静にしてもらいます。

 

ほとんどの方は運動をしながら治療をしていき、3~5回ほどで痛みをとっていきます。

 

治療法

 

当院ではオスグッドに関係している膝蓋靱帯に対しての特殊手技療法があるのでそれを使い痛みを取り除いたり、膝に負担をかけているところを身体全体から探してそこに対しての筋膜治療、負担や痛みを減らしていくテーピング、そして炎症を抑えるアイシング適切なストレッチ指導をさせていただいています。

 

これを行うことで施術前は曲げるのがきつかった膝もその日のうちに屈伸運動できるようになり、5回ほどで痛みをほぼ取り除くことができるようになるのです。

※本院にご来院された患者様です。初回の施術でここまで曲がるようになりました。

 

ただオスグッドは先ほど言ったように治りません。ですので痛みが出ていないのは治ったのではなく痛みが一時的に出ていない。と思ってください。

痛みが引いてからもオスグッドとの付き合いは続いていくのでしっかりと身体の柔軟性を高めるために毎日ストレッチはしていきましょう!

ほかの病院でオスグッドと診断されたけど治らない、もしかしてオスグッド?など少しでも気になったらお気軽にご連絡ください!